50代おとなの女の白髪対策【ヘアカラーとハイライトで共存しましょう】

50代おとなの女の白髪対策【ヘアカラーとハイライトで共存しましょう】
スポンサー

ワタシは2ヶ月に一度の割合でヘアカラーをしています。

もちろん白髪対策で。

白髪染めで黒に染めると

すぐに根元が伸びてきて白黒くっきり目立ってしまう。

だからといってブラウンで染めると

色落ちしてくると赤っぽくなりキラキラ反射する。

以前はヘアマニキュアでごまかしてたけど

重ね塗りが過ぎて全体が赤黒くなり

やっぱり生え際が気になってくる。

だから今はヘアカラーで髪全体を明るく染めて

ところどころメッシュやハイライトを入れて

白髪と共存して目立たなくさせる作戦。

ヘアカラーの写真

でもセルフで染めるのは失敗のもと

前回染めた部分と新しく染めた部分で色合いの違いがくっきりに

他人から見ると逆プリンみたいに見えますよ

面倒でもここはやはりプロにお願いしましょう。

最近ヘアカラー専門店がずいぶん増えてきて

手軽で短時間でリーズナブル。

ヘアカラーはプロの美容師が

シャンプーは自動シャンプー機で

ブローとスタイリングはセルフで

というシステムのサロンもあるそうです。

店によって値段も内容もさまざま

『 ヘアカラー専門 』で検索するといろいろでてきます

ちなみにワタシは カットは昔から通っている美容室

ヘアカラーはカラーリストがいるヘアカラー専門店でと使い分けていて

髪へのダメージを考えて フルカラー染めと根元のリタッチ染めを交互に

あと家のお風呂でカラーシャンプーを使いなるべく色を長持ちさせています。

歳を重ねてくると白髪も増え、ツヤが減り、パサついたりごわついたり

若いときのように何もしなくてもツヤッツヤとはいかなくて

ストレスに感じますよね。

でもちょっと考えました。

ホントウに白髪を必死にかくす必要ある?

まずはこの歳までがんばってきた自分を認めたい。

よくやってきたじゃないかワタシ と。

歳を重ねて白髪が出るのはあたりまえ

恥ずかしいことじゃない。

ただ やはり少しのお手入れは必要

完全なグレーヘアへ切り替えるにはまだちょっと早い。

でもあきらめてほったらかしにするのは嫌だ。

他人からどう見えているかを気にするだけではなくて

じぶん自身がこの年齢とうまくつきあっていきたい。

白髪だって顔のシミだって皺だって

隠すだけじゃなくて堂々と美しく見せれるようになりたい

0
スポンサー

\\ フォローお願いします //

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへにほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへにほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村
おとなの女のミカタ〜50代の暮らしの楽しみかた - にほんブログ村 ライフスタイルランキング
シェアおねがいします!
  • URLをコピーしました!
目次